未分類

人気のプラセンタ注射

プラセンタ注射エイジングと言えば、まず頭に浮かぶのがプラセンタです。特にプラセンタ注射が直接肌細胞に届くために、美容皮膚科ではほとんど注射施術が多くなります。美容のために使用するプラセンタはヒト由来のものは使用できないため、豚や馬などが中心となりますが、当然特別に飼育された無菌に近い豚や牛なので、安全して使用することができるのです。たった1つの受精卵が出産時には赤ちゃんの大きさになる、急激な成長のために必要な成分がすべて胎盤には含まれています。タンパク質や酵素、ビタミン、アミノ酸、ミネラルの他にも数多くの成長因子が豊富に含まれているのです。

そのため肌細胞内の美肌成分の自己生成力を高め、新陳代謝を活性化するため、ターンオーバーを基本から改善していきます。加齢によるシワ、たるみ改善のためにもおすすめです。また肌のくすみやシミにも新陳代謝が活性化することで改善が期待できます。また加齢肌の代表的な症状である乾燥肌の改善や、敏感肌やアトピー肌の緩和にも役立つのです。ブラセンタは化粧品にも配合されたり、100%プラセンタエキスなども人気がありますが、やはり肌からただ塗るだけでは、肌への影響は大きな期待ができません。しかし美容皮膚科では、これらの成分を注射によって有効的に肌サポートを行うことができるのです。

〔参考HP〕美容皮膚科シロノクリニック / プラセンタ注射

未分類

注目の幹細胞治療

サイトカイン今注目のヒト幹細胞治療も美容皮膚科でも大人気です。エイジングの基本である細胞の機能を若返られるものです。特にヒト幹細胞培養液には「サイトカイン・成長因子」が豊富に含まれており、細胞と細胞の間でのコミュニケーションを司る信号の役目を果たします。もともとわたしたちの細胞内に存在している成分ですが、年齢とともに低下してしまい、細胞の増殖や分化などがどんどん衰えていきます。逆に若い肌にはこの幹細胞が十分存在し、「サイトカイン・成長因子」も豊富に含まれているので、肌細胞の増殖や分化が活発に行われています。

線維芽細胞成長因子FGFはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを増殖させる効果があります。他にもターンオーバーを促進さえるEGFなど多種類のサイトカインが含まれているのです。特に美容皮膚科で使用するヒト幹細胞培養液は、さまざまな検査を行った健全なドナーから抽出した幹細胞を培養した成分なので、安全性は徹底されています。

リンゴ幹細胞なども人気がありますが、やはり人の細胞にはヒト幹細胞培養液が効果は抜群。美容皮膚科ではこのヒト幹細胞培養液を効果的に皮膚細胞の奥に届けるため、ダーマローラーやエレクトロポレーション導入、フラクショナル炭酸ガスレーザー治療、光注射など、それぞれの肌にあった方法でより効果的に注入していきます。

未分類

美容皮膚科でエイジング

最近は中高年のエイジング施術を受ける人がとても増えています。少し前までは一般は、なかなか敷居が高かったエイジング施術。価格も手ごろになり、エイジングはもう化粧品だけの話ではなく、実際に美容皮膚科での施術が簡単に行えるようになったのです。特に美容皮膚科は皮膚の専門医師による、さまざまなエイジングのための施術が行われています。

エイジングエイジングと一言でいっても、たるみ、小シワ、シミ、ほうれい線、おでこのシワ、口の周りのシワなどが気になりだしたらおすすめです。美容皮膚科のエイジング施術のメニューはクリニックによって多少違いますが、レーザー治療、イオン導入、光治療、ボツリヌス・トキシン注射、高濃度ビタミンC治療、美容注射、点滴、ヒアルロン酸注射、グロースファクター+ダーマローラーなどが人気です

レーザー治療は特にシミに対応する場合がありますが、YAGレーザー、Qスイッチルビーレーザー、フォトRF、フォトフェイシャル、レーザートレーニング、炭酸ガスレーザーなどがあり、その人のシミの種類によって使い分けられます。またシミだけでなく真皮層までレーザーで刺激を与え、コラーゲンの収縮による肌細胞の活性化による働きも期待されています。イオン導入はビタミンCやプラセンタなどを導入するタイプが人気。光治療はIPL(インテンス・パルス・ライト)を照射し、シミやシワ、くすみなどあらゆる肌トラブルに働きかける方法となります。また美容液点滴や注射はエイジングのためにおすすめのプラセンタやビタミンCなどが人気です。